Team GRA・CHAN!

Robocup Junior サッカーに挑戦しているTeam”GRA・CHAN!”ロボ日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NXTCamインプレッション その7

こんにちは、GRA父です。

今日は、”NXTCamでボールをトラッキングできるか??”です。
今回で、このシリーズも最終回となります。

新型ボールは”MODE_A”、パルス変調モードでのトラッキングテストです。

NXTCamとボールとの距離は、約10cm、ここで、新ボールの発光部分の色を覚えさせます。
今回は、3番目のオブジェクトとして覚えさせます。
この距離のまま、トラッキングを開始させます。

ボールトラッキングテスト
上の通り、新ボールの発光部分をトラッキングしました。

ただし、この場所で覚えさせたのですから、トラッキングに成功するのは当たり前です。

次に距離を5cmほど遠くしてみると、新ボールの発光部を1つだけ認識しました。
トラッキングしたサイズは、かなり小さいですが、成功です。

さらに距離を伸ばしてみると、トラッキングできません!!。

距離を戻していくと、約15cm前後ではトラッキングできたり、できなかったりします。
登録時の10cmならば確実に、トラッキングは成功できます。

発光が一番強いLED中心部のほぼ白色を覚えさせた場合は、このような結果になりました。
LED周辺の色の場合は、全く無理でした。

では、ラスト、電源モニターにもなっている赤色LEDの色では?。

これは、結構な距離(40cmぐらい)までトラッキングできましたが、新ボールの後ろにGRA・CAHN!のGK(ボディー色:赤)を置くと・・・・。

GKがでっかく認識されてしまい、新ボールは判らなくなりました。

-------GRA父の結論!!------
標準装備のレンズのままでは、通常使用する光センサーのような使い方のボール検出センサーとしては、使用できません。!!
但し、近接センサとして使うなら仕様できるかも・・・と思います。


元々の趣旨は、個人的な興味でインプレッションを始めましたので、別売りのIRレンズは購入しておりません。
また、今後も購入予定はないので、すいませんがボールトラッキングテストは、ここまでです。

もし、ボールを追跡するためにNXTCamを購入検討されている方がいましたら、IRレンズも同時に購入された方がいいかもしれません。
が、私はテストしてないので、使えるかどうかは、自己責任でお願いします。


以上、最終回でした~。
スポンサーサイト

Comment

Re: NXTCamインプレッション その7

union12の父です

GRA父様
楽しく拝見させていただいております。
一部予想どおりの展開、一部、残念という感じですね。(あくまで私的にです)

忙しい本業の間にこれだけしっかり検証していることにまずは敬服します。union12の父は帰宅すれば軟体動物(すぐに横なるという意味です)になってしまうのでだめですね。

今一度気合を入れていこうと思います。(明日から・・・)

  • posted by union12の父
  • URL
  • 2009.09/16 22:44分
  • [Edit]

Re: Re: NXTCamインプレッション その7

union12の父さん、こんにちは。

> 一部予想どおりの展開、一部、残念という感じですね。(あくまで私的にです)

同感です。
実は、NXTCamviewだけをさわっていた時には、カラーセンサーとしての使い道は、もう少し期待していたのですけど・・・。
それと、マルチタスク化して使用しないと、NXTに負荷がかかりすぎますね。
  • posted by GRA父
  • URL
  • 2009.09/19 07:25分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

黒ねこ時計 くろック

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

右サイドメニュー

アクセス カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。