Team GRA・CHAN!

Robocup Junior サッカーに挑戦しているTeam”GRA・CHAN!”ロボ日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボカップジュニアサッカールール その14 -ゴール判定&キャプテンについて-

こんにちは、GRA父です。

娘達は、期末テストが終わったようですが、気が抜けたのか、しばらく活動は?状態です。
といいつつ今月中旬ぐらいまで、いろいろなイベントがつづくので、どのみち活動出来ませんけどね。

まぁ、活動出来ても、早くとも来週以降にならないと”ブツ”が手に入らないので、どうしようもないとも言いますけど・・・。

さて、このシリーズも次回で最後だと思います。(恐らく)
今回書き上げて、もう一度全体を見直してみないと足りない所とかが???です。

今回は本来、一番最初に書くべきだったと反省している”ゴールとなる判定”と”キャプテン”についてです。

1番目、ゴール判定。

ルールでは”ボール全体がゴールに入った時、またはゴールの後ろの壁にボールがぶつかった時、得点となる。”です。

ルールそのままですが、ゴールと判断されるのは、

1.ボールがゴール内の後ろの壁にボールが当たった場合
2.ボールがゴール内に完全入りきっている場合
です。

ゴールとなる例

特にゴール内の後ろの壁が奥深いコートの場合、ボールがコール内に完全に入り切れていない時、ゴール内の左右の壁にあっただけではゴールとはなりません。

ゴールとならない例

また、1項は2項であっても、主審が”ゴール!”といわない限り、ゴールではなく”ノーゴール”となる場合もある(プッシングとか)ので、自分達だけで勝手に”ゴール”とは思わないようにね(笑)

2番目、”キャプテン”

ルールでは”各チームは「キャプテン」を指名しなければならない。キャプテンは、審判とコミュニケーションを行う責任者である。チームは、競技中にキャプテンを交代させることができる。キャプテンは、ロボットから見える位置で、黄色または青色の衣服を着てはならない(ゴールの色との干渉を避けるため)。”と書かれています。

まずキャプテンという役割は、試合で唯一ロボットをさわることができ、主審とのコミュニケーションが取れるメンバーのことです。
つまりキックオフ時、ロボットの配置を行いスタート操作、再キックオフ(=ゴール等による)時のロボット停止操作が唯一行えるのです。

細かく言うと、車検チェックシートの主審への提示、コイントスの選択発言、得点表への確認サイン等様々あります。

キャプテンもそうですが、ルールで”キックオフ以外は、試合中にチームメンバーが介入することはできない(ロボットに触るなど)。ただし、審判が明確に許可した場合を除く。違反者は、そのゲームが失格になる。”となるので、審判が指示しない限り、試合中はロボットに触ることが出来ないので注意して下さい。

一番分かり易い例は、ロボットの故障退場させる際、主審がコートから取り出して、キャプテンに渡すことをしますよね、この行為でもメンバーがロボットを直接触れない=介入出来ないのです。

参考までにですが、他のメンバーはというと、コート以外であれば勿論、ロボットを触れます。
ロボットをコートへ出し入れ行為そのものはキャプテンしかできませんが、キャプテンを中継ポイントしてロボットの受け取り、渡しさえすれば誰でも触る事が出来ます。

そして故障ロボットをパドックに持ち帰り(戻れない大会もある!)修理出来るのはキャプテン以外のメンバーです。

またキャプテンは唯一、主審とのコミュニケーションが取れるので、主審からの質問を回答できる立場にいます。

つまりキャプテン以外は発言すら許されないので、キャプテンをする人は、ルールを熟知、そして自分たちのロボットを理解していないと何にも発言出来ないので、状況によっては大変不利になるので注意しましょう(笑)

またキャプテンは交代できます。
しかしながら交代方法について、ルールには明記されていません。

キャプテン交代方法については、様々なローカルルール(その大会毎に違う)で決めっている(?)ようです。

2012年ジャパンオープンでは、以下の条件であったようです。
また今年5月に参加した”せとうちオープン”も、この条件で行われました。

試合中の交代は、前半なら前半中、後半なら後半中の場合、キャプテンの交代はできない。
前半終了後、後半開始前であればキャプテンの交代は行えるとのこと。

つまり前半と後半のチェンジはできるが、試合中の10分間は交代は出来ないということらしいです。

ノード大会など、初心者チームとかだと、自分のロボットでないと全く判らないので、故障退場したロボットがキャプテンのモノだった場合、この交代方法だと困っちゃいますよね。
でも、ロボカップは教育的な考慮もある大会なので、チーム組んだ以上、相手のロボットも理解するようにしましょ~(笑)

キャプテンの服装ですが、車検の所にも書いた通り”青色・黄色系の服”は着てはダメですから注意しましょう。

ルールに”キャプテンがゴールの色と似た色の衣服を着ているとみなされる場合、審判はキャプテンに衣服を替えるように要求したり、他のチームメンバーと交代したりするように要求することができる。”と書かれていますので、最初からキャプテンをやる人が固定の場合、しっかり服装をチェックしておかないと、強制的にキャプテンを交代させられるので注意して下さいね。

以上です。

今回で試合関連に関しては、ほぼ終わりですね。
あとは、こまごました内容が若干ありますので、次回に纏めて書きたいと思います。

そろそろ2013年国際ルールが発表される時期になりましたね。
今シーズンは、どう変わるんでしょうかね?
また重量制限がダウンしたりして・・・。

以上、GRA父でした~。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

黒ねこ時計 くろック

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

右サイドメニュー

アクセス カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。