Team GRA・CHAN!

Robocup Junior サッカーに挑戦しているTeam”GRA・CHAN!”ロボ日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボカップジュニアサッカールール その13 -プッシング-

こんにちは、GRA父です。

いよいよ、むつめ祭に向けて大詰めというか、期末テストに向けて大詰めというか、昨シーズンは参加していなかったので、工程の組み方が相変わらずチグハグですね~。

もともと予定は未定!な子達ですけど・・・。
まぁ、少しづつですが頑張っているようです。

今日、Nはblogを書かなかったようですが、少しだけのようですが基板の配線をしてました。
間に合うんでしょうかね~(涙)

さて、本題。

今回も相も変わらず、私の解釈や過去の主審体験(毎回のことですが・・・。)等々の内容です。
すべてが皆さんの参加する大会に適していない場合がありますので、ご注意願います(笑)

また、違うぞ~とかありましたら、是非フォローコメントをお願いしますね!
(お手数ですが該当記事からコメントして下さいね!)

さて今日は。
プッシングの事についてです。

もうじき、やっとこのシリーズも終わりそうです。
もう少しなので、頑張りたいと思います。

前回、”ゴ-ルキーパー”と、わざわざ1台のロボットを決定させることが判りました。
ですから勿論、それなりのメリットがあるはずですよね。

それが今日説明する”プッシング”です。

ルールでは”ペナルティエリア内では、ゴールキーパーに優先権がある。攻撃側のロボットは、いかなる場合もゴールキーパーを押してはならない。ゴールキーパーもしくは攻撃側のロボットがボールに触れている間に、ゴールキーパーと攻撃側のロボットが接触した場合は、ボールを一番近くの空いている中立点に移動させることになる。このような状況下でボールがゴールに入っても、得点とはみなされない。”と書かれています。

このように書かれていますが、一部分の記載に関しては、ルールの書かれ方通りには、試合は行われていません。

”攻撃側のロボットは、いかなる場合もゴールキーパーを押してはならない。”です。
この文面だけで判断すると、ゴールキーパーにボールを持ってるとか、いないとか関係なく、NGにとれます。
実施は、この文面は無視して、次からの文面だけをルールだ!と思えばいいです。

1.攻撃側ロボットにボールが触れている状態で、攻撃側ロボットがゴール
  キーパーを押してはいけない。(またはその逆)
2.ゴールキーパーにボールが触れている時、そのボールに攻撃側ロボットが、
  触れた後、押してはいけない。
3.攻撃側ロボットとゴールキーパーの間にボールが挟まった状態
  (押し合いの場合)

但し、1項についてはゴール側壁を利用した”掻き出し”を行うロボットには、圧倒的に不利になるというか、得点すら出来なくなるので、実質”プッシング”扱いは、されないのが現状です。

従って基本的には、攻撃側ロボットとゴールキーパーとの間にボールが挟まった状態が発生したら”プッシング”と思えばいいです。
(私は、これが”プッシング”か?と思っているので、勝手に”キーパーチャージ”と呼んでいます(笑))

プッシング

”プッシング”判定が起きると、主審は即座にボールを取り、一番近くの中立点に移動するか、反対の中立点へ移動させるかして、ロボット位置は、そのまま継続です。

もし、ボールを取り上げるのが遅く、そのままゴールに入ったとしても、そのゴールは、”ノーゴール”となり、得点にはなりません。

プッシングによるノーゴール1

そして、ロボットはそのまま止めずにボールだけゴールから出して、一番近い中立点に移動してそのまま試合は継続します。

また、図のようにプッシング判定後にゴールしても”ノーゴール”です。
(主審判定によるところが大きいですけど)

プッシングによるノーゴール2


次に、仮に”ダブルディフェンス”と”プッシング”が同時に起こった場合ですが、この場合は、まず”プッシング”を先に取り、その後”ダブルディフェンス”の対処を行います。

私が主審でしているやり方ですが、全てがいっぺんに出来ないので、まず、ボールを取り上げて、ボールを中立点に戻す前に、ダブルディフェンスで移動させるロボットを、フィールド中央に戻してから、ボールを中立点に戻します。
理由は、先にボールを中立点に戻すと、ほとんどの試合で、ダブルディフェンス自身がなくなってしまい、ダブルディフェンスがうやむやになるからです。

参考にですが、”プッシング”にならないケースです(笑)

プッシングではない例

尚、当たり前ですが、瞬間的にダブルディフェンス状態で、ゴールキーパーはなく、本来は移動させられるロボットに、攻撃側ロボットが持っているボールが触れて、そのままゴールの場合はもちろんゴールです。

これは本来、主審がダブルディフェンスと判断したが、そのロボットを移動できなかった為に起こったことですし、移動されるロボットは”ゴールキーパー”ではないので、”プッシング”になりませんからゴールです。

ルール文面と実際に行われている判定が結構違うので、ちょっと複雑なルールですね。
初めてのチームには、なんで”プッシング”を取らないんだ!!!と思います。
実際、2010年ジャパンオープンでは、ただの引率メンターだった為、審判講習を受けていないので、試合を見ていて、思いっきりそう思いました。(後で娘達に聞いて、驚愕!でしたね)

以上です。

恐らく、次ぐらいで終わりかな?
何を書いていないか分かんなくなってきましたが、多分終わりだと思います。

以上、異常に眠いGRA父でした~。
スポンサーサイト

Comment

GRA 父様


ノード大会も終わりほっとしているところです
とあるノードは、審判講習にこちらを紹介してます

分かりやすく読み物として楽しいですから

次回も期待します!
  • posted by union 12の父
  • URL
  • 2012.11/29 12:11分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

union12の父さん、こんにちは。
GRA父です。

コメント有り難う御座います。
返信、大変遅くなりました。

> ノード大会も終わりほっとしているところです

ノード大会、大変ご苦労様でした。
もう開催されたのですか?

こちらのノード大会は、2月中旬らしいので、娘達はのんびりするようです。

> とあるノードは、審判講習にこちらを紹介してます

そんな大それた事を!

これが本当にあっているか?と思いつつ、ブランクある私が書くのもおかしな話だと最初、思いましたが、こういう内容がどこにもないので書くことにしたのですが、参考になっているのであれば苦労して書いた甲斐がありますね(笑)

> 次回も期待します!

有り難う御座います。
ここ最近、いろいろあって継続出来ていませんね。
書き始めた以上、途中で放り出すのはよくないので、頑張って続きを書きますね。
(もうほとんど終わりなんですけど(笑))
  • posted by GRA父
  • URL
  • 2012.11/30 19:24分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

黒ねこ時計 くろック

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

右サイドメニュー

アクセス カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。