Team GRA・CHAN!

Robocup Junior サッカーに挑戦しているTeam”GRA・CHAN!”ロボ日記

Entries

ロボカップジュニアサッカールール その2 -参加方法Ⅱ-

こんにちは、GRA父です。

今日は、中学校の学校公開日でした。
いわゆる授業参観というやつですね。

見たのは数学と理科でしたが、隣のクラスで英語のリスニングの放送が流れていて”あぁ~懐かしいな”と思っちゃいましたね。
(また勉強したいわけではないですよ(笑))

さて本題ですが、この前の補足です。

サッカーチャレンジには、現在3つのリーグがあると書きました。
 1.ライトウエイトリーグ
 2.Aオープンリーグ
 3.Bオープンリーグ
です。

この前書いた通り、重量やフィールドが違うと書きましたが、それ以外にライト&AオープンとBオープンとはフィールドの違いから若干ルールが違います。

その違いは、ライト&Aオープンは壁があり、Bオープンは壁がなく(ボールやロボットがどっかに行かないようにする為の壁はありますけど(笑))、本物のサッカーのようにラインがあります。

Bオープンは、ボールがラインから出れば、そのボールは中立点におかれますので、一瞬、試合が止まります。
(本物のサッカーでいう”スローイング”的な行為ですね。)
ですがライト&Aオープンは、そういう意味ではラインが存在しないし、壁を使った戦術ができるので試合は止まりません。

私はBオープンのルールをよく知らないので今後は触れずに割愛しますので、ご容赦を。

さて、本ちゃんルール説明の前に、いろいろ書かないといけないと思うことがあるので、先にそれらを書いていきたいと思います。

まず既に大会参加者なら知っていることですが、”強制移行ルール”というものがあります。
これは恐らく日本国内特有のローカルルールです。

”2011年および2012年における特別ルール(2010.10.9実行委員会 議事録より抜粋)
1)サッカーAライトウェイトは普及リーグとして、2011年・2012年とグレースケールにて競技を行う。
2)サッカーAオープンは中級リーグとして、2011年よりグリーンカーペットにて競技を行う。
3)サッカーBは上級リーグとして、世界大会のルールに準拠する。
4)サッカーAライトウェイトにて過去にジャパンオープンの決勝トーナメントに出場した選手は、ジャパンオープンにおいてサッカーAライトウェイトに出場できない。サッカーAオープンもしくはサッカーBに出場することとする。
サッカーAオープンにて過去にジャパンオープンの決勝トーナメントに出場した選手は、ジャパンオープンにおいてサッカーAライトウェイトおよびサッカーAオープンには出場できない。サッカーBに出場することとする。なお、対象となる経歴はジャパンオープン2010からとする。”というものです。

4)項で書かれているように、ジャパンオープン(=全国大会)で予選リーグを勝ち残り、決勝トーナメントに進出した場合、その上のリーグに強制移行しないといけませんでした。
つまりライトはAオープン、AオープンはBオープンへ強制移行です。

またその時のチームではなく”選手”と記載されているので、決勝トーナメントに進出したチームのメンバーが、翌年の大会で、別のメンバーと組んで別チームになっても、該当メンバーが所属する以上、そのチームは強制移行対象となります。

そして、2013年度ジャパンオープンルールでは”サッカーAライトウエイトにて、2011・2012年ジャパンオープンいずれかで決勝トーナメントに進出した者は、サッカーAオープンもしくはサッカーBオープンへ出場することとする。
サッカーAオープンにおいての上位移行ルールは廃止するものとします。”と変わりました。

なにが変わったかですが、Aオープンは2012年のジャパンオープン(尼崎)の決勝トーナメントに勝ち上がったチームであっても、Bオープンへの強制移行は無くなったのです。
つまり2012年度大会のAオープンでジャパン優勝チームまたはそのメンバーであっても、今シーズンである2013年度大会に、またAオープンに参加できるということです。(ライトには戻れません!)

但し、ライトは強制移行制度継続なので、今シーズンからAオープンかBオープンへの参加となります。

またBオープンですが、Aオープンの強制移行がなくなったので、過去Bオープンへ強制移行したAオープンチームまたはそのメンバーが、解釈の仕方では、Aオープンに戻れるようにも取れますが、常識的に考察すると、2012年度大会以後のチームやそのメンバーに対しては強制移行がなくなり、2011年度大会含む以前の対象チーム、メンバーの場合は、そのままBオープンのままになると思います。
(本当のところは?ですから、戻れるのでは?と解釈したチームまたはメンバーの皆さんは、所属ノード経由でお問い合わせした方がいいと思います。)

さて、今まで書いたことを振り返ると、ライトに参加しないで、AまたはBオープンに参加していけないの?と取れそうですが、全然OKです。
勿論、いきなりBオープンでも大丈夫です。

また総重量が1.1kg以下だからライトじゃないといけない!ではないですので、AでもBでも参加OKですよ。

・・・と、強制移行の事を書きましたが、これはあくまで2013年度ジャパンオープンへの参加資格であり、2013年度ノード大会&ブロック大会の参加資格ではありません。
(ここがロボカップジュニアのめんどくさく判りにくい所です。)

ジャパンでこう書かれていても、さらに地区大会であるノード大会で”サッカーAオープンにて過去にジャパンオープンの決勝トーナメントに出場した選手は、サッカーAライトウェイトおよびサッカーAオープンにはエントリーできない。サッカーBに出場することとする。なお、対象となる経歴はジャパンオープン2011からとする。”という風に書かれているノード大会があります。

この場合は、ノード大会参加資格となるので、Aオープンも強制移行ありとなります。
(ノード大会にエントリー出来なければ、ジャパンオープンに出場は出来ませんからね。)

ジャパンオープンとして”3.サッカーAオープンの移行措置は当初目的(サッカーBの普及)を果たしたものと判断し廃止とする。”としていますが、地区であるノードとしては、Bオープン普及は出来ていないところが多いので、ノードorブロックとして、独自にローカルルールを規定していると思われます。

ということで、特にAオープンのチーム&メンバーは、ジャパンがOKでも、ノードがNGというケースもあるので、よく各ノード大会の要項をチェックして下さいね。

ロボカップジュニアという競技会は、実は全ての大会が同一ルールで実施するわけでないのです。
その地区のノードやブロックの地域性によっては、いろいろと異なりますので、自チームが所属する=エントリーするノード大会の要項を要チェックして下さいな。

これでエントリー前の参加資格の諸条件は書き終えたかな?

ホント、ロボカップジュニアって、改めてみると統一性がない競技だなぁ~と思いますが、それはそういうモノと割り切った方が気が楽ですよ(笑)

次回は、ロボット=車検(?)のことを書きたいと思います。

以上、GRA父でした~。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

黒ねこ時計 くろック

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

右サイドメニュー

アクセス カウンター

検索フォーム