Team GRA・CHAN!

Robocup Junior サッカーに挑戦しているTeam”GRA・CHAN!”ロボ日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンラッキーは”ラッキー”ですよ

こんにちは、GRA父です。

いま、GRA・CHAN!は、貯まったツケを払うべく宿題処理に大忙しで活動休止中です(涙)

流石に今週末には活動を再開するだろうとは思います。
黒いカニの制作期日は、遙か遠くから過ぎているので、私の怒が落ちる前に(怒)
(もう落ちてますけど)

さて、前記事やらコメント返信とか、いろいろと書きましたが、話が私の中でもずれ始めたので、新しい記事として書きます。

”強制移行”の件、いろいろ勝手な妄想を書きましたが、違う視点で。

この制度があるからこそ、ニューフェイスが誕生し、そしてその枠が広がります。
コメントにも書きましたが、そこに居続ける事による弊害もあるんです。
その事にも大会を重ねているチームの方々は、考える時期に来たのかもしれませんね。
その踏ん切りが”強制移行”だと思いましょう。

当方チームは何度も書きますが”強制移行チーム”ではないです。
ライトウエイトリーグへのエントリー券も現時点も持っています。

ですから、2013年シーズンにライトウエイトリーグへエントリーしても誰も文句は言えません。
(既に2012年国際ルールの総重量1.1kgを切ったロボットは、一度完成していますし。(ハードだけだけど(笑)))

これからはどうか私は知らないし、どうするかは彼女ら自身が決める事です。
でも過去の2大会とも彼女らが自ら進んで”オープンリーグ”にいます。

2009年大会では、ビギナーズラックで決勝トーナメントに進め、M RobotsさんやTeam Takahama Littleさんに惨敗し、”KURU-MIRA”さんとはマルチチームで組ませて頂きました。
この年、試合で敗れたチームさんや組んだチームさんは、皆、いまでは全ロボカッパーの憧れのチームさんです。
これはある意味、すごい強運です。

2010年大会では、オープンリーグを選択し、ジャパンでセカンダリトップチーム群に惨敗しました。
それでも2011年大会は、またしても”オープンリーグ”を選択しました。

そう”こんなのありか~”と声が出てしまうほどボロ負けしたのに関わらず”オープンリーグ”に、まだ未練たらたらで残ってます。

本来、強いチームと当たる事は、ほとんど誰もが”アンラッキー”と感じる事でしょう。
それはメンターの私自身もそう思えます。

以前、相当前に書いた事があったと思いますが、強いチームと当たった事は、勝負事では”アンラッキー”でも、実はとても”ラッキー”です。
だって、観客席から試合を見て、すご~ではなく、自分の分身であるロボットが、その相手と戦っているんですよ?
自分のロボットとの違いを肌で感じる事ができるんです。
そして、確実に記憶として鮮明に残るんです。
これこそ実戦でしか教えて貰えないモノです。

確かにそのシーズン、そこで終わっちゃいますよね。
でも来シーズン、参加できるのであれば(まだ19歳にならないなら)次シーズンでリベンジできるんです。

当方チーム、昨シーズンは流石に前日にロボットを派手に壊して、予選当日、直しきれない状態で参加しました。
結果はボロ負けもいい所です。
でも現段階では、2013年シーズンも”オープンリーグ”の予定です。

負けた状況が気に入らないのありますけど、戦ってくれた相手チームとの試合の記憶があるので、それを越えるようなロボット作りを始めようとしています。
そう過去の資産を全て捨てて。
その第1弾が、NXTからマイコンへの移行です。

成長するためには、時には大きな敗戦も必要です。

私が書いた”強制移行”の件、賛否両論あると思います。
あれはあくまで失礼ながら、どちらかと言えば”クジ運”のみの話で、ある程度の実力があるチームには適切ではないです。
そして、あれは大変失礼で大きく誤解を生む言動でしたが、今シーズンがトリガーで出てきてた話です。
過去でなく、今シーズン、そしてもしかしたら来シーズンも・・・。

話がそれますが、たしかに当方チームは、関東では2大会連続優勝してますので、”強いチーム”に分類をされてしまうのでしょう。
(今年はチャンプがいるので、当方チームは所詮、過去の人ですけど。)
でも実際、私から見れば非常に弱いチームです。

だって、ジャパン予選前日の調整日にロボットを破壊すんですよ?
これのどこが強いんでしょうか?
この件もスキルのなさから来ています。

ある程度年数を経験されているチームメンバーやメンターさんは、”GRA・CHAN!は強い”と勘違いされています。
ただblogをやっていて、ロボカップジュニアに関して検索するとヒットし、blogがあるからそう錯覚されています。
メディアではないですが、その効果と同じでそう感じてしまっているだけです。

話を戻します。

強制移行され”アンラッキー”と感じる皆さん、当方チームはその”アンラッキー”を”ラッキー”として無理矢理捉え、次のステップに毎回進もうとしています。

皆さんも、私達チームと同じように”アンラッキー”を”ラッキー”と感じませんか?
長い人生の中で、確かに貴重な時間軸ではありますが、必ず社会に出た時、役に立ちます。
これは実社会人のオヤジである私が保証します。

かなり支離滅裂な駄文でした(笑)

何が書きたかったか、この文面を見るとだいぶ???となっちゃいましたね。
まぁ、またオヤジの戯言だと思って下さいな(笑)
(だって、カテゴリーが”GRA父のひとりごと”ですから)

以上、駄文しか書けないGRA父でした~。

P.S.変な反響が来ませんように(爆笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

黒ねこ時計 くろック

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

右サイドメニュー

アクセス カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。