Team GRA・CHAN!

Robocup Junior サッカーに挑戦しているTeam”GRA・CHAN!”ロボ日記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボカップ3年計画 その1

こんにちは、GRA父です。

今回は、現在進行中のGRA・CHAN! ロボ活動3年計画のお話です。
しかし、当時、私が教育方法として決めた計画ですので、小学3年になったばかりの彼女たちが決めたわけでありません。

当時、小学3年が、すべてを理解して、ジャパンに通用するロボットを製作するのは、昨年までGRA兄を指導していた私の感想として”とてもじゃないけども無理!!”と判断できました。
ですから、彼女たちの考え方、理解力を年ペースでスキルアップをさせ、小学3年からの3年目の6年生にジャパン(2010ジャパンオープン)出場を目的としました。

前にも書きましたが、”いつかジャパン”が彼女たちの合い言葉でしたので、理解したのか、していないかわかりませんが、”いつかいけるのなら、それでいい””ということでスタートを切ったわけです。

当時の3年計画の概要としては、
 (1)1年目(小学3年~4年)
    LEGOを使って、ロボットの作り方を考え、それと同時に、
    ROBOLABを使って、NXTの新センサである 超音波セン
    サーやGRA兄が使用 してたコンパスセンサーの基本的
    な使い方、LEGOの光センサを使って、グレースケールシ
    ートでの自陣/敵陣判断の理解を目的としました。
    競技会については、ブロック進出は無理と考え、試合中に
    先ほどの課題を、どこまでクリアーできていたか(=その状
    況になったら、必ず動作するプログラムができたか)の発表
    の場と位置づけました。

 (2)2年目(小学4年~5年)
    GRA・CHAN!としては休止して、高校受験を終えたGRA兄
    と参戦し、ロボットのハードをGRA兄とN、ソフトをゴールキー
    パー担当をGRA兄、フォワード担当をYとして、GRA兄のスキ
    ル吸収、ブロック上位チームと自身の位置関係の確認及びゴ
    ールキーパーロボとフォワードロボの必要性の認識でした。
    ここで、何でセカンダリ?と思われると思いますが、実はノー
    ドで、セカンダリ出場チーム数が1~2チーム程度(過去、た
    った1チームというひどい状況もあった!!)で、ブロック進出
    しやすいのと、GRA兄の相方の子は、年下でしたので、既に
    プライマリーで別の子と組んでいたため、”テクニカル・ロボッ
    ターズ” としては出場できないからでした。
    
セカンダリチームの方々、決してなめていた訳ではありません。
大変すいません。

 (3)3年目(小学5年~6年)
    GRA・CHAN!を再結成し、GRA兄のスキルやブロックのレ
    ベルを吸収したロボットを作り上げ、”ジャパン出場!!”と計
    画したわけです。

2年目である昨年の計画であったGRA兄とのタッグは、ゴールデンウイーク明けには、夢と消え、実現しませんでした・・・・。

   
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

黒ねこ時計 くろック

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

右サイドメニュー

アクセス カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。