Team GRA・CHAN!

Robocup Junior サッカーに挑戦しているTeam”GRA・CHAN!”ロボ日記

Category [ファーストレゴリーグ ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーストレゴリーグのプレゼン② RCJJとの比較

こんにちは、GRA父です。

前回は”リサーチプレゼン”についてUPしましたが、今回はロボカップジュニアでおなじみのプレゼンである”テクニカルプレゼン”について、私のなりの解釈を書きたいと思います。

ロボカップジュニアでも大会参加条件として、”プレゼンシート”の提出が義務づけられていますよね。
ロボカップジュニアの場合は、各大会でシートサイズや縦横の規定が決まっており、”1枚のシートにまとめ上げる”ことを基本としています。

FLLの場合のプレゼンは、プレゼンボードに貼っておく方式とは異なって、今年もジャパンオープンで数チームが実施され、GRA・CHAN!達も11月3日に行う”口頭プレゼンテーション”と同じで、チームで審査員に発表をしなければいけません。
ロボカップジュニアの”口頭プレゼンテーション”は審査員向けではなく、メンターや他の参加チーム向けで得点評価対象でないのに対し、FLLは審査員向けの得点評価対象であり、これ自身が競技です。
この点がロボカップジュニアのプレゼンとFLLのプレゼンの決定的な違いであるみたいですね。

まだ、他にも違いがあると思います。
スポンサーサイト

ファーストレゴリーグのプレゼン①

こんにちは、GRA父です。

今日もまた、RCJでなくFLLネタです。
FLLは、調べれば調べるほど奥が深い競技であることが判りました。

前々回の”FLLについて”で触れましたが、FLLは、RCJと同じロボットとプログラムに関するプレゼンテーション=”テクニカルプレゼンテーション”があります。
これについては、RCJに参加している皆さんなら、わかりやすいんですが、そのほかに2つのプレゼンがあり、プレゼンだけでも3種類あります。

この3つのプレゼンの合計配点がロボット競技より高い”600点”で、いろいろなFLL関係blogを読みあさった結果、”プレゼンを制するもの、FLLを制す”といっても大げさでないことが判りました。

今回は、一つ目の”リサーチプレゼンテーション”についてUPしたいと思います。

これは、大会の課題に沿って各自でテーマを決め、自ら調べて調べた結果を発表するプレゼンです。
イメージ的には”夏休みの自由研究”に近いように見受けられます。
FLLのプレゼンに関する公式HPの”プロジェクト”で、リサーチプレゼンとはどういうモノかのかが書いてありました。

ファーストレゴリーグのロボット競技について

こんにちは、GRA父です。

ちょっとロボカップ関係は、皆さんに公開できる個人ネタがつきていますので、しばらくFLLについてUPしていきたいと思います。(ご勘弁を!!)

今日(またしても昨日になってしまった)、NがFLLコース初日でしたので、送迎ついでに授業を見てきました。
まず、FLLの概要とロボット競技の動画を受講者に見せていました。

説明を聞いていて、初めてFLLは、かなり難しい競技であることが判りました。

前回UPしたとおり、ロボット競技がありますが、前回、私は”レスキューに似た競技”と書いてしまったのですが、全然違いました。

ファーストレゴリーグ(FLL)について

こんにちは、GRA父です。

他のUP記事のコメントで話題になってしまったので、FLLとはどういうモノかの概要を書きたいと思います。

FLLは、RCJを含め他のロボコンと異なり、毎年課題が変わり、毎年9月に課題発表、12月に地区大会という、8週間で競技に挑む競技会で、国内最上位大会である全国大会が2月、世界大会が4月というスケジュールです。

-競技種目-
・ミッションテーマに沿ったRCJでいうとレスキューに近いロボット競技がある。
・ミッションテーマに関するリサーチプレゼンテーションがある。
・RCJ同様、ロボットとプログラミングに関するプレゼンテーションがある。
・チームをアピールするチームプレゼンテーションがある。

RCJと異なる点は、3つあります。
1つ目は4つの競技で総合結果(順位)がでる点であり、RCJの特にサッカーとレスキューのように”ロボット競技がすべての勝敗を決する”わけでなく、論理的思考/問題解決力/自己表現力などの総合的な力を競う競技会です。

2つ目、RCJは、サッカー/レスキュー/ダンスのいずれかを自己チョイスできる競技ですが、この競技会は、参加者全チームが”すべて同一課題”である点も異なります。

3つ目は、ロボット競技に使用できる教材が、当たり前ですがLEGOのみで、さらにLEGO純正部品であることが条件になります。
Hi Technic社のようなサードパーティ製センサ等は、例えLEGO認定を取っていても使用できないという条件があります。
従って、ロボットの組み立て工夫とプログラムの優劣で決まります。

私自身がRCJサッカーのように携わったわけでないので、実情は判りませんが、見聞きしたFLLとRCJとを個人的に比較すると、RCJはどちらかと言えば”スポーツ”、FLLは”教育活動”という感じがします。

明日から(もう、今日か!)、Nが”ロボットと未来研究会”のFLLコースに参加するわけですが、RCJと違った雰囲気をどれくらい楽しめるか、私自身も楽しみにしています。

もう、今シーズンの応募は締め切られてしまいましたが、ご興味がある方は、各地区で12月頃に地区大会がありますので、お近くの大会会場に足を運んでみてはいかがですか?。

ファーストレゴリーグ(FLL)へ参戦!!

こんにちは、GRA父です。

今日は、一つご報告を。

GRA・CHAN!は、2009年度ファーストレゴリーグに参戦します。!!

というのは大げさで、埼玉大学の「ロボットと未来研究会」にファーストレゴリーグ(FLL)コースが追加されています。
FLLは、GRA兄時代から子供達に参加させたかった大会でしたが、1チームの参加人数の問題や参加方法が、ほぼLEGOの塾みたいなものに入れないとできそうもないため、あきらめていましたが「ロボットと未来研究会」でコースができたので、GRA・CHAN!のNが参加となります。
(Yはプログラムに忙しいので不参加です。)

当方の場合、ロボカップジュニア参戦は、家族チームのため、家族外の人との交流や意見交換がほぼありませんので、FLLの活動は魅力的です。
また、毎年課題が変わることや、課題発表から8週間で大会という中で、複数の子供達で問題を解決していくなんて、なんか仕事の製品開発プロジェクトのようで面白そうです。
これは貴重な体験であると思います。

今後、本blogで、”NのFLL活動日記”をUPしていきたいと思っています。
(Nにさせます。)

もちろんYが、これからもがんばりますので、ロボカップジュニア2010年は参戦しますよ!

左サイドMenu

黒ねこ時計 くろック

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

右サイドメニュー

アクセス カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。